目を大切にカラコンを使おう

衛生的にカラコンを使う

メガネと違い、カラコンは目に直接、レンズを接触させて扱うものです。そのため、目のトラブルを起こす可能性が高くなります。重大な目の疾患を起こさないためにも、十分な衛生管理を行った上、安全に使い続ける事が大切になります。当サイトではカラコンを衛生的に使うための知識について紹介しています。

カラコンの使用において、やはり何より重要視したいのが衛生管理です。というのも、レンズを適切に洗浄、保存を行わなければ、細菌が繁殖してしまい、目の病気を引き起こしてしまう事があります。ワンデーのように使い捨て商品でない限り、レンズを目から外した後は適切なケアを行わなければなりません。専用の洗浄保存液を使ってレンズを洗い、直射日光のあたらないところで保管することでレンズが長持ちし、目への負担も減らす事が可能です。

カラコンはメガネと併用される事も珍しくありません。そこで、メガネをしばらく使っていて、カラコンをしばらく使われないという事もあるでしょう。カラコンは保存液に浸していればいつまでも放置していて良いという事ではなく、定期的に保存液を入れ替えてあげる必要があります。よほど長期間放置するという事でなければ、こまめに取り替える必要はありませんが、最低でも1週間に一回以上は保存液を取り替えておくと安心です。

カラコンには大きく分けると度なしと度ありの2種類があります。以前では度なしのカラコンであれば、眼科にかかる事なく入手する事が可能でした。しかし、現在では度なしのカラコンを購入する時でも眼科医に適切な検査をしてもらう必要があります。度ありのカラコンを買うという場合にはもちろん、度の確認をしてもらう必要があります。いずれの場合も安全にカラコンを使うためには、目のカーブを計測してもらう必要があります。自分のカーブにあったカラコンでなければ、簡単に外れてしまうなどトラブルが起こる心配があるのです。

商品を選ぶ時には、カーブやサイズなどを確認する事はもちろん大切ですが、やはり目的としてはオシャレに使われるものなので、カラーは慎重に選ぶようにしましょう。今、カラコンを購入するという事では専門の通販サイトが主流ですが、スマートフォンやパソコンの画面を通して見ると、商品を実際に手にとった時と印象が違う場合があります。少しでも納得いくカラーのレンズが欲しいと思っている場合には、通販サイトではなく店頭で購入してみるというのもコツです。フォーチュンコンタクト

最新情報

  • [2017年01月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年01月19日]
    運営者情報を追加しました。